※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

Netflixドラマ「働く女子流ワタシ探し」37話では、イエ社長の姉がファンシンの家を訪れる様子やミンミンとツァンヤンの恋愛がバレる様子が描かれた。

 ユエンソンはミンミンの質問に対して、自分がファンシンを好きかどうかは関係なく、今現在ファンシンにお似合いなのはイエ社長であると答えた。ミンミンは好きかどうかが一番大切だと言い、ユエンソンはミンミンに自分に再びファンシンを追いかけてほしいかと尋ねた。ミンミンはユエンソンにイエ社長のためにも追いかけないでほしいと言ったのだった。

 ファンシンが会社の荷物をまとめ、職場を離れようとした時、同僚がファンシンの周りにやってきて別れの言葉を述べた。隣に立っていたユエンソンが突然ファンシンの荷物を持ち、下の階まで送ると言った。下の階につくとファンシンにアルツハイマー患者が気をつけなければならない事をまとめた資料を渡した。ファンシンは感動し、ユエンソンに父親に会いに来るように言ったが、ユエンソンは断ったのだった。

 ファンシンの父親はファンシンが自宅のドアの鍵を暗証番号式のモノに変えている様子を見ながら、自分の黄金時代が終わってしまったとがっかりした。ファンシンは父親にGPSブレスレットをプレゼントした。ツァンヤンも同じブレスレットを買ってきたため、母親にプレゼントしたのだった。

 イエ社長の姉を迎えるため、ファンシンの家族は家の大掃除をし、母親はツァンヤンにお酒を買いに行くように言い、ファンシンに服を着替えるように言ったのだった。イエ社長の姉がファンシンの家を訪れると、イエ社長の姉とファンシンの母親は楽しくおしゃべりをした。イエ社長の姉は思わずイエ社長とファンシンの結婚について言及したが、ファンシンの両親は焦ることないと言った。

 ツァンヤンがお酒を買って帰ると自分の駐車スペースに知らない車が止まっていることに気が付き、レッカーを頼もうとした時、イエ社長がファンシンの家の下の階にやってきた。イエ社長はツァンヤンの駐車スペースにある車は自分の姉の車だと言った。イエ社長の姉が駐車場を確認しに来た時、ツァンヤンと遭遇した。そしてイエ社長にミンミンの彼氏がツァンヤンである事を暴露した。その話を聞いたイエ社長は驚きを隠せなかった。

 食事の時、イエ社長とツァンヤンの様子がおかしいと感じたファンシンはツァンヤンを部屋に連れて行き、問い詰めるとツァンヤンはミンミンと付き合っている事を認めた。ファンシンがいつミンミンと別れるのかとツァンヤンに尋ねると、ツァンヤンはイエ社長とファンシンが結婚するタイミングで別れると言った。

 イエ社長が姉を空港まで送っている時、姉がファンシンへのプロポーズを企画しようとした。しかしイエ社長はあまり嬉しく思わなかった。イエ社長が家に帰るとミンミンが家出をする準備をしていた。2人はけんかを始めてしまったが、どちらも自分の意見を変える事はなかった。