ボーイズグループ「2PM」オク・テギョンが、日本映画「グランメゾン・パリ」に合流した。

18日、所属事務所51Kは「オク・テギョンが日本映画『グランメゾン・パリ』に出演する。多くの関心と期待をお願いする」と伝えた。

「グランメゾン・パリ」は、2019年に日本のTBSで放送された人気ドラマ「グランメゾン東京」を映画化した作品で、木村拓哉をはじめ、鈴木京香、沢村 一樹、及川光博などドラマに出演した主な俳優らが再び意気投合して特別さを加えている。同映画は、日本でミシュランの三つ星を獲得した後、フランス料理の本場であるパリに「グランメゾン・パリ」を開業した天才シェフ尾花夏樹(木村拓哉)と早見倫子(鈴木京香)がアジア人初のミシュランの三ツ星レストランにチャレンジする物語を描く。

今作でテギョンは、カリスマ性に溢れるメインシェフ尾花夏樹役の木村拓哉と、事あるごとに対立する韓国系カナダ人パティシエのリック・ユアン役を引き受けた。リック・ユアンは、パティシエとして自身の店を持つほどの実力とデザートに対する特別な情熱を持った人物で、テギョンは母国語である韓国語に加え、日本語とフランス語の3か国語をこなしてインパクトある熱演を繰り広げる予定だ。

テギョンは「憧れの木村拓哉さんと同じ作品に出演できてとてもときめいたし、良い作品の一員として一緒にすることができて光栄だった。日本とパリを行き来して海外各国のスタッフの方々と一緒に作業した今回の経験を通じて、僕もやはり良い刺激をたくさん受けた。僕がキャラクターになりきることができれば、いつでも新たな挑戦ができそうだという自信もついた」として「ミシュランの三ツ星を獲得するために奮闘するチーム『グランメゾン』のように、見る方も夢に向かって進めばいつかはその夢が叶うという勇気を持ってほしい」と感想を伝えた。

一方、「グランメゾン・パリ」は後半作業を経て、ことしの冬に日本で公開予定だ。