寺西優真(TOKYO24主演)、 山本裕典(映画復帰作)、ギュリ(KARA/日本映画初主演)が主演した、映画「TOKYO24」のスピンオフ「 Revive by TOKYO24 」〜ヒトは生まれ変わることができる〜 が、

2020年2月23日から、モナコ・モンテカルロで開幕する
「第17回モナコ国際映画祭 コンペティション部門 正式招待作品」に選出された。

約800作品の応募の中から長編6本が選出され、「Revive by TOKYO24」は、
モナコ国際映画祭でワールドプレミア上映される。

前作「TOKYO24」(寺西優真・グァンス・葉加瀬マイ 主演)も同映画祭で日本映画最多5冠を受賞しており、シリーズ作品が連続でコンペティション部門にノミネートされるという快挙を達成。

モナコ国際映画祭は、今年から開催日が2月に変わり、世界中から選りすぐりの
新作がより多く集まることから、ヨーロッパはじめ世界で益々注目が集まっている。

本作は、2025年の東京を舞台としており、AI化の普及が進んでいる中で、
人を重視する学者役で風見しんごさんも出演し華を添えている。

その他に、宍戸マサル、 SIZUKU 、佐久間彩加、平野由佳、大沢まみ等も出演。

今後、春に日本国内で完成披露舞台挨拶上映、公開などが予定されていますが(後日発表)、
5月2日には、DVD販売、全国レンタル、動画配信も決定している。

DVDは、5G時代をリードするYOUMARKETサイト(2月本リリース)でも販売する。
※YOUMARKETサイト http://www.youmarket.jp


・主演の寺西優真よりご報告
https://youtu.be/2ESQumQJVJI

【映画「Revive by TOKYO24」作品概要】

監督・脚本 寺西一浩
主演 寺西優真、山本裕典、ギュリ(KARA) / 風見しんご 他
撮影監督 外山国義
編集 橋本ゆうき
製作総指揮 寺西一浩
製作・著作・配給 株式会社HumanPictures・YOUMARKET
撮影 株式会社撮れ高
公式サイト http://www.tbc-movie.com

【 Revive by TOKYO24 ストーリー 】
2025年の東京は、便利さとスピード、正確さを重視し、より一層、各分野におけるAI化の普及が進められていた。
ある日、後藤晴彦(山本裕典)は、後輩刑事の東條剛(寺西優真)と、事件現場で孤独死の遺体と向き合う。
後藤は刑事として優秀だが、過去に母親を孤独死で亡くしており、失って初めて気づく親の有難さを痛感していた。
「失敗しても、努力すれば、乗り越えれば、人間はやり直すことができる。」とAIより人間の存在が重要だと主張する
榊原教授(風見しんご)に後藤は共感を持っていたが、榊原はAI化の普及を嫌う一人であり、この国の権力者の中には
国民から人気で発信力のある榊原の意見を快く思わない人たちも多く、次第に事件に巻き込まれて行き
特別捜査官の安藤(ギュリ)が警護にあたっていた。
AIロボットは、心を持たないが正確さは人より優れている。しかし、亡くなった人間をAIボットとしてよみがえらせることが
出来たら、世の中は一体どうなるのか?
東條が事件に巻き込まれ殉職すると、何者かの指示によってAIロボットとしてよみがえり、
後藤と対面することとなるが・・・。