上田利治監督、森慎二コーチ、左のワンポイント投手に往年の名助っ人…。天国に旅立った野球人たち

上田利治監督、森慎二コーチ、左のワンポイント投手に往年の名助っ人…。天国に旅立った野球人たち
 2017年、惜しまれながら天国に旅立った野球人たち。その功績を振り返りつつ、あらためてご冥福をお祈りしたい。

◎現役コーチが突然……

 西武の投手コーチを務めていた森慎二氏が急逝したのが6月28日。その数日前に体調不良を訴え入院、27日に休養を発表した直後のことだった。

 森氏は、1996年のドラフト2位で新日鐵君津から西武に入団。長身から投げ下ろす150キロ超の剛速球を武器に、主にセットアッパーとして活躍。2005年までの在籍中に3度の優勝に貢献した。

 その後はメジャー挑戦や国内の独立リーグを経験した後、2015年から西武の2軍投手コーチ、2016年のシーズン途中から1軍投手コーチに就任。後進の指導に精力的に取り組んでいた最中の急逝だった。

 享年42歳。溶連菌の感染による敗血症が原因とのことだが、あまりにも突然の訃報だった。

◎クロスファイヤーで左打者を圧倒

 球界を代表する左のワンポイントリリーフだった永射保氏も、肝臓がんのため6月24日に亡くなった。享年63歳。

 1971年のドラフト3位で鹿児島の指宿商高から広島に入団。その後、西武(太平洋、クラウン含む)、大洋、ダイエーと渡り歩いた永射氏は、通算606試合に登板。大きくインステップするアンダースローに近いサイドハンドという変則的なフォームが特徴で、コントロールと投球術で勝負するタイプだった。とくに強打の左バッターを痛快に料理する姿が印象に残っているオールドファンも多いことだろう。

 現役引退後は、台湾球団のコーチや、リトルリーグの指導者としても活動していた。


◎名将も病に勝てず

 選手としてはわずか3年の現役生活だったが、指導者としては非凡な才能を発揮した上田利治氏。阪急、オリックスを率いた1974年から1978年、1981年から1990年の15年間でリーグ優勝5回(うち日本一3回)、2位6回、3位1回、4位3回と好成績を残し、5、6位は一度もなし。阪急の黄金時代の象徴的人物だった。

 また、日本ハムでも1995年から5年間指揮を執り、優勝こそなかったものの2位2回、4位2回、5位1回という成績を残した。

 監督時代の上田氏といえば、1978年、阪急とヤクルトが争った日本シリーズでのポール際の打球をめぐる1時間以上の猛抗議が有名だが、本来は明るい性格。選手を褒めるときの口癖「ええで!」が、それを物語っている。2003年には野球殿堂入りを果たした。7月1日に肺炎のため死去。享年80歳。


◎日本で活躍した外国人選手も……

 1964年から1972年にかけて阪急で活躍したダリル・スペンサー氏も1月2日に死去。88歳だった。三冠タイトルにはあと一歩届かなかったが、日本での7年間で152本塁打を放っている。

 1978年、1979年にヤクルト、1980年には阪神に在籍したデーブ・ヒルトン氏も、9月17日に67歳で亡くなった。上体を極端にかがめる独特の打撃スタイルで安打を量産。ヤクルト時代は、球団初のリーグ優勝と日本一に大きく貢献した。


文=藤山剣(ふじやま・けん)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索