寺島成輝(ヤクルト)が巨人相手に5者連続三振! 燕の高卒左腕として石井一久超えに期待がかかる

寺島成輝(ヤクルト)が巨人相手に5者連続三振! 燕の高卒左腕として石井一久超えに期待がかかる
 侍ジャパンがオーストラリア代表と今シーズン初の試合を戦った3月3日。千賀滉大、柳田悠岐(ともにソフトバンク)ら主力が活躍し、“稲葉ジャパン”のトップチームが初白星をマークした。

 一方、その数時間前には、未来の侍ジャパンになり得る逸材が東京ドームで躍動した。2年目の寺島成輝(ヤクルト)だ。

◎オープン戦で5者連続奪三振

 寺島は藤平尚真(楽天)、高橋昂也(広島)、堀瑞輝(日本ハム)ら同年代の投手とともに履正社高時代から注目され、2016年のドラフト1位でヤクルトに入団。150キロを超えるストレートと投球術に注目が集まったが、ルーキーイヤーの春季キャンプで故障してしまう。

 以降は調整が続き、2軍で6試合(投球回19)の登板に終わったものの投球回と同じ19個の三振を奪い、防御率2.37を記録。シーズン最終盤に1軍初登板を果たした。1軍では結果を残せなかったが、シーズン終了後に行われた2017アジアウインターベースボールリーグのイースタン選抜メンバーに選ばれるなど期待は高い。

 今キャンプでは1軍スタートを勝ち取るも紅白戦で炎上するなど、順調にアピールできたとはいいがたかった。ところが、3月3日の巨人とのオープン戦でチャンスを与えられると3回を無失点投球。5者連続三振を奪い、被安打、与四球ともに1と安定した投球を見せた。

 この好投で開幕ローテーション争いに踏みとどまり、小川淳司監督も「これからが楽しみ」と前向きなコメントを残している。

◎石井一久の背中を追いかける

 ヤクルトの左腕事情を見ると石川雅規が長年エース格を務めており、昨シーズンは不調だったものの、今年はオープン戦から絶好調をキープ。まだまだ若い選手に負けないといった気概を見せているのは心強いが、すでに38歳。次世代左腕の出現が待望されている。

 今オフ、山田大樹をトレードでソフトバンクから獲得し、新外国人投手・ハフを補強。そして、中日でプレーしていたアルメンゴ(昨シーズンの登録名はジョーダン)も加わった。左腕の頭数は揃っている。比較的、余裕のあるなかで寺島を大きく育てたい。

 ヤクルトで高卒ドラ1左腕となると、村中恭兵、赤川克紀ら期待された投手はいたものの、期待ほどの結果を残したとはいい難い(村中は高校生ドラフト1巡目で入団)。期待に違わない実績を残したのは、石井一久まで遡る。ファンとしては寺島に村中、赤川超えはもちろん、石井一のように成長することを期待せずにはいられない。

 前述したオーストラリア戦で快勝した侍ジャパンのメンバーに、ヤクルトの選手は残念ながら選出されなかった。だからこそ、寺島には2年後の東京オリンピックでメンバーに選ばれる選手に育ってほしい。そのためにも、プロ2年目の今季が鍵となる。


文=勝田聡(かつた・さとし)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索