【高校野球最前線】新生・智辯和歌山がついに大阪桐蔭にリベンジ。関東では“東の桐蔭”が復活!

【高校野球最前線】新生・智辯和歌山がついに大阪桐蔭にリベンジ。関東では“東の桐蔭”が復活!
 センバツ切符をかけた秋季大会が大詰めの高校野球界。週刊野球太郎の「高校野球最前線」では、今月も引き続き高校野球のホットな情報を追っていく。今回は悲願の勝利を挙げたチームを中心にレポートしたい。

◎ひと味違うぞ! 新生・智辯和歌山

 「ついに!」と言うべきか、「ようやく……」と言うべきか。2008年の春季近畿大会準決勝から大阪桐蔭(大阪)に公式戦6連敗を喫していた智辯和歌山(和歌山)。2017年のセンバツ決勝などの大一番で常に煮え湯を飲まされていたが、秋季近畿大会準々決勝で横綱から白星を勝ち取った。

 智辯和歌山はこの試合、初回に先制点を許したものの、直後の2回に2死から4点を奪って試合をひっくり返す力技を披露。5対2で逃げ切った。

 智辯和歌山は今夏の甲子園後に1980年からチームを率いた高嶋仁監督が勇退。1997年夏の甲子園で智辯和歌山が優勝した際の主将で、阪神、楽天、巨人と渡り歩き、プロで15年間プレーした中谷仁新監督が就任するなど変革のときを迎えていたが、早くも結果を出した。

 近畿大会ベスト4に入ったことで春のセンバツはほぼ当確。横綱を一蹴した勢いで、2000年の夏以来となる甲子園優勝まで突っ走りたい。

◎東の桐蔭が久々の関東王者に

 桐蔭は桐蔭でも今年の秋季大会で活躍したのは桐蔭学園(神奈川)。関東大会決勝で春日部共栄(埼玉)を9対6で下し、24年ぶりの優勝を手にした。

 桐蔭学園と同じく復活を期す春日部共栄との一戦は、桐蔭学園の主将・森敬斗が3安打2本塁打5打点と爆発。チームとしても初回から5得点とビッグイニングを作り、追いすがる春日部共栄を振り切った。

 この優勝でセンバツ出場を確実なものにし、11月の明治神宮大会の切符も手中にした。頼れる主将がチームを牽引しながら、どこまで快進撃を続けるのか楽しみだ。

◎強者が神宮に集結

 今年の明治神宮大会の高校の部は11月9日から13日にかけて行われる。秋季地区大会の優勝校が集って優勝を争うトーナメントで、10月30日の時点では札幌大谷(北海道地区代表)、八戸学院光星(青森、東北地区代表)、桐蔭学園(神奈川、関東地区代表)、星稜(石川、北信越地区代表)、東邦(愛知、東海地区代表)、筑陽学園(福岡、九州地区代表)6校が決まっている。

 近年では2015年の高松商(香川)、2016年の履正社(大阪)といった優勝校が翌春のセンバツで準優勝するなど、先を見据える意味でも重要な大会。それだけにどこが優勝するのか目が離せない。

◎己を高める重要なシーズン

 秋季大会も多くの地区で優勝校が決まり、雨天での順延などがなければ11月4日にはすべての勝者が出揃う。優勝チームには明治神宮大会の出場権が、上位チームには春のセンバツの選考対象となるが、明治神宮大会をもって新チームでの戦いは一旦小休止となる。

 明治神宮大会からしばらく、大きな試合が少ないのはファンにとって寂しいところだが、冬場は秋の反省を踏まえてしっかりと練習を積むいい機会となる。秋に結果が出せなかったチームが春にどんな姿を見せてくれるか。その成長を楽しみに待ちたい。

文=森田真悟(もりた・しんご)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索