【週刊野球太郎的ドラフト採点2018】最高は補強ポイントを抑えた楽天の98点。では巨人、阪神は?

【週刊野球太郎的ドラフト採点2018】最高は補強ポイントを抑えた楽天の98点。では巨人、阪神は?
 悲喜こもごものドラフト会議。11月後半発売の本誌『野球太郎No.029 2018ドラフト総決算&2019大展望号』に掲載される12球団の「ドラフト採点」に先駆けて、週刊野球太郎でも独断で採点してみた。
(※本誌『野球太郎』の「ドラフト採点」とは異なります)

◎西武 ドラフト採点:80点

 緊急を要する投手陣再建のために松本航(日本体育大)を単独1位指名。先発としての安定感、完成度は今年の候補では頭一つ抜けており、消極的ではない一本釣りだった。

 3位の山野辺翔(三菱自動車岡崎)は強打の二塁手。好選手なのだが、浅村栄斗のFA移籍が濃厚なのだろうか……と少し不安になる。全体的にはもう少し投手偏重でもよかった気がするが、焦らず慌てず現有戦力とマッチさせていきたい。

◎ソフトバンク ドラフト採点:85点

 小園海斗(報徳学園高)と辰己涼介(立命館大)を抽選で外したが、甲斐野央(東洋大)を指名できたのは大きい。甲斐野は即戦力リリーフとして高く評価されており、意外にも慌しかった先発・リリーフ陣の入れ替えを安定させる最後の1枚になれる。投手は大学生、社会人中心で早めのテコ入れだ。3位の野村大樹(早稲田実)は「ポスト・松田宣浩」として育てるのだろう。

◎日本ハム ドラフト採点:75点

 外れ1位でスター・吉田輝星(金足農高)の指名を敢行。2位以下も野村佑希(花咲徳栄高)、万波中正(横浜高)、柿木蓮(大阪桐蔭高)と素材型の高校生を続々と指名した。現時点での評価は75点程度に抑えておきたいが、刺激的な指名で「ロマン派」にはたまらない指名だった。

◎オリックス ドラフト採点:75点

 小園海斗(報徳学園高)を外したものの、高校生ショートの路線を変えず、太田椋(天理高)を1位指名。太田は知る人ぞ知る好選手。一部に守備は小園よりもいいという評価もあり、戦略的にはOK。打撃力が光る2位の頓宮裕真(亜細亜大)は捕手よりも野手と見る向きもある。3位以下で指名した投手たちはリリーフ向き。課題の即戦力先発は現段階では見えないが、キャンプ、オープン戦での大化けに期待。

◎ロッテ ドラフト採点:95点

 1位指名競合で藤原恭大(大阪桐蔭高)を引き当て、「ヨォーシ!」と雄叫びを上げた井口資仁監督。外野の高齢化は顕著であり、明確な課題をクリア。これだけでも100点に近い。これで平沢大河を外野で無理やり起用する必要もなくなるだろう。2位からは実戦派の投手でまとめ、ロッテらしさも見せた。

◎楽天 ドラフト採点:98点

 課題のセンター候補として辰己涼介(立命館大)を外れ1位で引き当て、2位では「ポスト・嶋」の呼び声高い太田光(大阪商業大)を指名。補強ポイントをしっかりと押さえ、腑に落ちる上位指名。藤原恭大(大阪桐蔭高)を外したことだけが減点ポイントだが、ほぼ100点に近い。

◎広島 ドラフト採点:95点

 タナキクに続く選手が少し不安な二遊間候補として小園海斗(報徳学園高)を1位指名。緒方孝市監督が見事に引き当て、順風そのもの。2位の島内颯太郎(九州共立大)にはやや驚いたが、お得意の九州ルートだけにポテンシャルを買った形だろう。3位ではスラッガー・林晃汰(智辯和歌山高)を獲得し、三塁のポジション争いを活性化。王者のドラフトだった。

◎ヤクルト ドラフト採点:75点

 根尾昂(大阪桐蔭高)を外し、即戦力先発の上茶谷大河(東洋大)に切り替えたが、これまた抽選を外し、清水昇(國學院大)を指名。清水はコントロールとスタミナが武器で試合を作れるタイプ。今の投手陣にはしっくりくる逸材だ。ただ、もっと野手を指名してもよかった。野手の高齢化への対処はさほどできなかった。

◎巨人 ドラフト採点:75点

 外れ外れ1位で東北ナンバーワン左腕の高橋優貴(八戸学院大)を指名。リリーフを中心に左腕は不足気味なので、悪くない選択だった。2位以下は高校生を揃えたが、世代交代が停滞している外野手の指名はなし。2位の増田陸(明秀学園日立高)、5位の松井義弥(折尾愛真高)は外野コンバートもにらんだ指名かもしれない。ただ、育成も合わせて高校生9人を指名。今後、世代のバランスに偏りが生じる可能性も否めない。

◎DeNA ドラフト採点:90点

 小園海斗(報徳学園高)を抽選で外し、即戦力先発の上茶谷大河(東洋大)を指名。今季は先発陣不調に悩んだチーム事情から上茶谷を単独1位で指名してもおかしくなかった。1位指名の2番手候補を獲得できたことは大きい。2位の伊藤裕季也(立正大)は打力自慢の内野手で二塁や三塁で競争できる選手。まとまったドラフトで及第点以上だろう。

◎中日 ドラフト採点:95点

 準地元・岐阜出身の根尾昂(大阪桐蔭高)の交渉権を引き当て、与田剛新監督にとって最高のスタートになった。観客動員数が伸び悩むチームにとっても明るい話題になりそうだ。2位からはさすがにブルペン強化に乗り出したが、東洋大ビッグ3の一角である梅津晃大や社会人で実績を積んだ勝野昌慶(三菱重工業名古屋)を指名し、うまさを見せた。昨年は高校生を指名しまくったが、バランスを崩さなかったことも評価。

◎阪神 ドラフト採点:75点

 藤原恭大(大阪桐蔭高)、辰己涼介(立命館大)を外す不運も外野手路線を崩さずに近本光司(大阪ガス)を指名。辰己がここまで外れ1位で被るとは誰も思っていなかっただろう。上位は野手で固めたが、昨年上位の馬場皐輔、高橋遥人も出番待ち。順調ならば、投手の駒は足りている。ただ、やはりクジを2回外し、ウエーバー順の利が逆に作用。繰り上げ感が否めないのは減点要素。

文=落合初春(おちあい・もとはる)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索