【2019年ドラフト候補高校生 近畿編】履正社バッテリーを始め多士済々の有望高校生たち

【2019年ドラフト候補高校生 近畿編】履正社バッテリーを始め多士済々の有望高校生たち
 来春のセンバツに向けた秋季大会が終結した高校野球。少し気が早いが、来年のドラフト戦線で注目を集めそうな有望球児を都道府県別に紹介していく。今回は近畿編。

◎滋賀のドラフト候補生

有馬諒(近江)
 今夏の甲子園でスタメンマスクを被り、ベスト8進出に貢献した捕手。実戦で二塁送球1.8秒台を計測する強肩、また継投策を生かすリードなど、守備面の評価が高い。高校ナンバーワン捕手の称号を争う一人。

◎京都のドラフト候補生

野澤秀伍(龍谷大平安)
 インコースをズバッと突く左腕。秋の近畿大会では履正社打線を3安打完封。最速は138キロだが数字以上のキレがある。

◎大阪のドラフト候補生

清水大成(履正社)
 甲子園出場当確の履正社ではエース左腕の清水大成が躍動。まだ線の細さが残るものの球速は145キロに到達し、伸び盛り。近畿大会では福知山成美を相手に12奪三振完封勝利。三振を奪うスライダーもある。

野口海音(履正社)
 清水とともにバッテリーで注目を集める野口。高校通算45発超の長打力と強肩が持ち味。

坪井悠太(大阪偕星学園)
 最速145キロの本格派右腕。鋭いスライダーで三振を奪う力投派で、気迫の投球は見どころ十分。打者としても4番を務め、投打にハツラツプレー。秋の近畿大会ではケガのため、登板はなかったが、春のデキに注目。

◎兵庫のドラフト候補生

藤本竜輝(社)
 最速147キロのストレートを誇るスリークオーター右腕。変化球でタイミングを外す投球術もあり、すでにプロ複数球団が注目。今後実績を残せば、上位指名まで見える。

林直人(報徳学園)
 夏の甲子園でも愛工大名電を相手に7回2失点の好投を見せた左腕。今秋は球速も140キロを超え、5キロ近くアベレージを伸ばしている。

川合慎磨(高砂南)
 身長168センチと小柄だが、140キロ超のストレートを持つダークホース。兵庫県大会では市姫路戦でノーヒットノーランを達成。山本拓実(中日)を彷彿とさせる伸びがある。やや四死球が多く、球数を要する傾向にあるが、春はテンポのよい投球に期待。

◎奈良のドラフト候補生

北野樹(天理)
 力感のないフォームから爆発的な飛距離を生み出すセンス系スラッガー。新チームでは正捕手と主将を兼任。175センチ75キロのミドルサイズだが、守備面でのアピールができれば、評価は上がるはず。

◎和歌山のドラフト候補生

黒川史陽(智辯和歌山)
 1年からスタメンで力を発揮している高校球界屈指の巧打者。変化球への対応などの技術は超高校級。勝負強さを発揮して、“結果”でプロへの道を広げたい。

東妻純平(智辯和歌山)
 高校トップクラスの強肩が武器の捕手。兄は今年のドラフトでロッテに2位指名された東妻勇輔(日本体育大)。172センチ74キロとやや小柄だが、秋からは4番を務め、長打力にも期待。インサイドワークが充実すれば、ドラフト上位も視野。

文=落合初春(おちあい・もとはる)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索