辞令がおりたら「行って参ります」? それとも「行きます」? シチュエーション別・野球人の名言

辞令がおりたら「行って参ります」? それとも「行きます」? シチュエーション別・野球人の名言
 このオフシーズン、巨人が大型補強を行っている。丸佳浩、炭谷銀仁朗、中島宏之、ビヤヌエバ、そして岩隈久志を獲得と「らしい」動きを見せていると言ったところだろうか。各選手の入団会見にはもちろん、原辰徳監督が同席。コメントするわけだが、原家のDNAなのかそれとも巨人軍の教えなのか響く言葉が多い。

 たとえば岩隈の入団会見では「メジャーリーグが第2の人生ならば、ジャイアンツでは第3の(人生を)野球人として大いに羽ばたいてほしい」とコメント。さすがの言葉選びだ。このように野球人のことばは胸に響くものが多い。そのなかから、日常生活で使えそうなものをいくつかピックアップしてみた。

◎異動や配置転換の辞令がおりたとき

 会社勤めをしていれば、異動や配置転換、転勤の辞令がおりる時がある。そんなとき、どのように返答するのが正解なのか。できるだけかっこよく、そしてスマートに返事をしたいところ。そのシチュエーションで使えるのが、杉浦忠(南海)の発した言葉だ。

 それは1988年のことだった。大阪球場を本拠地としていた南海がダイエーに身売り。福岡へと本拠地を移すことになった。そう、現在の福岡ソフトバンクホークスの前身である。その当時、南海の監督を務めていた杉浦が大阪球場最後の試合でスピーチを行った。そのときのセリフがこれだ。

「長嶋くんではありませんが、南海ホークスは不滅です。行って参ります」

 立教大時代の同級生である長嶋茂雄(元巨人)の引退スピーチを拝借し、結びに「行って参ります」と続け感動を誘った。行って参りますには「行って帰ってくる」という意味が含まれている。そこまで杉浦が意識していたのかは定かではないが、大阪に戻ってくることを最後のスピーチでファンに伝えたのである。

 つまり、上司に対し「行って参ります」と伝えることは、また戻ってきますという意味になるのだ。愛着のある部署からの異動の場合は、意味を理解した上で使いたいところだ。もし帰ってきたくないのであれば「行きます」と答えるのがよいかもしれない…。

 また、会社という組織に属している以上、行きたくなくても行かねばならない。しぶしぶ了承しなければいけないこともあるだろう。そんなときには「世界の福本」こと福本豊(阪急)の言葉がある。

「監督がいうてしもたもんは、しょうがないなぁ」

 これは杉浦と同じく1988年に福本が発した言葉だ。当時、阪急ブレーブスはオリックスに身売りすることが決まっていた。そして、阪急としての公式戦最終戦がサブマリン・山田久志の引退登板でもあった。その試合後の挨拶で阪急を率いていた上田利治監督が「去る山田、そして福本」と発してしまう。

 これは「去る山田、残る福本」と言おうとした上田監督が誤って発言したものだ。もちろん、福本は引退表明をしておらず、翌年も現役続行のつもりだった。しかし、監督の言葉通り引退してしまったのである。

 監督が言ったのだからしょうがない。会社に置き換えると、上司が言ったのならしょうがない。といったところだろうか。福本はしぶしぶ引退したわけではないが、うまく使うと、しぶしぶ感が溢れることだろう。得することはあまりないかもしれないが…。

◎大きな仕事を任された時には広島の2人の言葉を胸に

 会社に入社してから月日が経てば上司の信頼を得て、プロジェクトや案件を任されることもあるはずだ。そこでの成果が昇給や昇進、ボーナスの査定につながることもあるだろう。そのときに思い出したいのが前田健太(ドジャース)の言葉だ。

「とにかく何かをしたかったと言うか、何かを残したかった」

 これはPL学園高校時代の前田の言葉だ。2006年のセンバツに出場した前田は自身の好投もあり順調に勝ち進む。魅せたのは投球だけではない。準々決勝の秋田商戦ではホームスチールを成功させている。できることをやろう、という意識があったからこそのホームスチールと言えるだろう。

 そしてもうひとつ。炎のストッパーとして活躍した津田恒実の座右の銘だ。

「弱気は最大の敵」

 津田本人が発したわけではなく、津田が授けられたものではあるが、生涯いたるところで語っている。それだけ津田の心に刻み込まれていたということだ。何を任されたとしても弱気にならずに仕事を進めたいものだ。

 このように、プロ野球選手の言葉は日常、仕事で使えそうな台詞がある。うまく、アレンジして使用してほしい。

■参考文献
『80年代プロ野球名語録 パ・リーグ編』セブン&アイ出版/キビタキビオ著)
『甲子園100の言葉』(彩図社/吉野誠著)

文=勝田聡(かつた・さとし)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索