気になるあの選手の1本あたりの金額は?今週は山田哲人(ヤクルト)が大暴れ!/勝手にコスパレース2019 4/8〜4/14

【勝手にコスパレース2019 4/8〜4/14】気になるあの選手の1本あたりの金額は?今週は山田哲人(ヤクルト)が大暴れ!

 高額年俸選手の1勝あたりの金額は?そんな疑問がすぐにわかる、週刊野球太郎の人気企画『勝手にコスパレース!』
 レースに参加した総勢20人の1週間の成績を振り返るとともに、今週の週間MVPを発表したいと思います!

コストの算出方法とルールについてはこちら
※成績の後ろの()は1つあたりの金額。年俸は推定。

◎投手編
4/8から4/14までの成績は以下のとおり。

■菅野智之(年俸6億5000万)
3登板(2億1666万)、23イニング(2826万)
2勝(3億2500万)、20奪三振(3250万)

■メッセンジャー(年俸3億5000万)
3登板(1億1666万)、19イニング(1842万)
1勝(3億5000万)、16奪三振(2187万)

■増井浩俊(年俸3億)
6登板(5000万)、6イニング(5000万)
1H(3億)、3S(1億0000万)、9奪三振(3333万)

■岸孝之(年俸3億)
1登板(3億)、4 1/3イニング(6928万)
4奪三振(7500万)

■森唯斗(年俸2億8000万)
9登板(3111万)、9イニング(3111万)
2H(1億4000万)、5S(5600万)、12奪三振(2333万)

■ブキャナン(年俸2億7500万)
1登板(2億7500万)、5イニング(5500万)
2奪三振(1億3750万)

■ジョンソン(年俸2億7000万)
2登板(1億3500万)、8イニング(3375万)
3奪三振(9000万)

■西勇輝(年俸2億5000万)
3登板(8333万)、23イニング(1086万)
2勝(1億2500万)、18奪三振(1388万)

■宮西尚生(年俸2億5000万)
7登板(3571万)、5 2/3イニング(4416万)
1勝(2億5000万)、6H(4166万)

■山口俊(年俸2億3000万)
2登板(1億1500万)、14イニング(1642万)
2勝(1億1500万)、12奪三振(1916万)

◎週間MVP
宮西尚生(日本ハム)

6試合中4試合に登板し、1勝、3ホールドと抜群の安定感。
また、4/13には史上初の300ホールドを達成したことも考慮し、今週のMVPに選出。
次点は森唯斗(ソフトバンク)。
こちらも4試合に登板し、1ホールド、2セーブと好成績。

◎野手編
つづいて野手。

■柳田悠岐(年俸5億7000万)
41打席(1390万)、11安打(5181万)、21出塁(2714万)
26塁打(2192万)、4本塁打(1億4250万)、4盗塁(1億4250万)

■浅村栄斗(年俸5億)
65打席(769万)、12安打(4166万)、23出塁(2173万)
21塁打(2380万)、2本塁打(2億5000万)

■坂本勇人(年俸5億)
63打席(793万)、21安打(2380万)、31出塁(1612万)
35塁打(1428万)、4本塁打(1億2500万)、1盗塁(5億)

■丸佳浩(年俸4億5000万)
62打席(725万)、19安打(2368万)、27出塁(1666万)
35塁打(1323万)、4本塁打(1億1250万)、1盗塁(4億5000万)

■バレンティン(年俸4億4000万)
66打席(666万)、16安打(2750万)、26出塁(1692万)
34塁打(1629万)、3本塁打(1億4666万)

■山田哲人(年俸4億3000万)
73打席(589万)、16安打(2687万)、36出塁(1194万)
30塁打(1433万)、3本塁打(1億4333万)、4盗塁(1億750万)

■筒香嘉智(年俸4億)
59打席(677万)、19安打(2105万)、25出塁(1600万)
33塁打(1212万)、4本塁打(1億)

■内川聖一(年俸4億)
65打席(615万)、13安打(3076万)、16出塁(2500万)
16塁打(2500万)、1本塁打(4億)、1盗塁(4億)

■松田宣浩(年俸4億)
62打席(645万)、18安打(2222万)、20出塁(2000万)
30塁打(1333万)、3本塁打(1億3333万)、1盗塁(4億)

■糸井嘉男(年俸4億)
65打席(615万)、17安打(2352万)、28出塁(1428万)
24塁打(1666万)、1本塁打(4億)

◎週間MVP
山田哲人(ヤクルト)

今週はバレンティン&山田哲人のヤクルトコンビが大暴れ。
バレンティンは28打席15出塁、山田は32打席17出塁でともに本塁打は2本ずつと甲乙つけがたい成績。
しかし、バレンティンは守備固めで終盤はベンチに下がることがあり、フル出場しているぶん山田をMVPとした。
ヤクルトは前後を打つ、青木、雄平らも打撃好調。
必然的に3番、4番と勝負する機会は増えることから、来週もこの2人がMVPの筆頭候補になりそうだ。

◎今週の入れ替え
特になし
来週もお楽しみに!

文=水原翔(みずはらしょう)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索