夏に賭ける。ドラ1候補・西純矢の創志学園、大阪桐蔭、東海大菅生……センバツ出場を逃した強豪校は?

夏に賭ける。ドラ1候補・西純矢の創志学園、大阪桐蔭、東海大菅生……センバツ出場を逃した強豪校は?
 3月23日に開幕する高校野球。練習試合も解禁され、高校野球の春がやってきた。センバツ出場を逃した学校、特に新3年生にとって、甲子園出場のチャンスはあと1回だ。

 センバツムードが盛り上がるなか、ここではギリギリでセンバツ出場を逃した強豪校を見ていきたい。

◎大阪桐蔭

 2017、2018年のセンバツ覇者・大阪桐蔭は近畿大会8強に留まり、近畿6枠から漏れた。近年の結果を見れば、全国ナンバーワンといってもいい超強豪。ファンも出てほしかっただろうが、「ギリギリ落選」の条件が整ってしまった。

 近畿大会初戦では奈良2位の橿原を10対0の5回コールドでノックアウト。準々決勝での結果は2対5。相手は智辯和歌山。悪くはない結果だったが、比較対象となる準々決勝に進出した各校の顔ぶれが、各府県大会の勝敗も含めて複雑だった。

■近畿大会準々決勝
福知山成美 0対5 履正社
報徳学園 0対4 明石商
大阪桐蔭 2対5 智辯和歌山
市和歌山 4対5 龍谷大平安

 点差で単純に並べると、選出されてもおかしくはない。ただ、準決勝で大阪1位の履正社が京都3位の龍谷大平安に0対7(7回コールド)で大敗。龍谷大平安はそのまま決勝でも兵庫1位の明石商を破って優勝。また、大阪桐蔭を下した智辯和歌山も準決勝で明石商に0対12(5回コールド)で大敗。結果、京都1位の福知山成美に追い風が吹いた。

 8強の2枠は市和歌山、福知山成美が選ばれた。大阪桐蔭の落選理由として挙げられたのは「完成度」だ。

 こればかりは実際に見てみないと何とも言えない。たとえば、昨夏の甲子園では智辯和歌山が優勝候補に挙げられていたが、初戦で近江に敗退。近江の前評判は「中の上」レベルだったが、明らかにプレーの一つひとつが洗練されており、ファンに一目で「強い」と確信された。

 しかし、そこは大阪桐蔭。春に完成度が上がっていることに疑いはないが、秋の時点で評価しなくてはならない。過去の大阪桐蔭と比較されてしまった感も否めない。

 夏は「さすがの完成度」といわれる状態でリベンジに期待したい。

◎東海大菅生

 関東・東京の6枠目は横浜(神奈川)に軍配が上がった。比較対象の東海大甲府はシードのため、準々決勝からの登場で習志野に4対8、佐野日大は桐蔭学園に1対8、横浜も春日部共栄に2対9(7回コールド)で敗れ、関東大会8強止まりの4校が低調だった。

 そうなれば、東京2位の東海大菅生にも注目が集まる。東京都大会決勝では、優勝した国士舘と3対4の接戦を演じており、大会を通じても高いディフェンス力で二松学舎大付、岩倉、早稲田実を退けた。

 しかし、最終的には横浜の最速152キロ左腕・及川雅貴が評価を集め、東海大菅生は落選。技巧派の左腕・中村晃太朗の好投が光っていただけに惜しい。

 春の関東大会、夏の甲子園ではぜひ横浜と対戦し、投げ合いを見せてほしい。

◎創志学園、高知商

 昨夏の甲子園で注目を集めた好投手・西純矢を擁する創志学園も中国大会4強止まりでギリギリ落選。広陵に0対7(8回コールド)の「大敗」が響いた。

 四国大会準決勝で、4対10で高松商に敗れた高知商もあと一歩。点差でいえば、創志学園よりは可能性はあったが、同じく準決勝で松山聖陵に3対5で敗れた富岡西には印象で劣る。さらに富岡西は選出時点で「21世紀枠濃厚」だった。つまり、中国地区から最後の1枠が選ばれやすい条件がそろってしまった。

 ただ、中四国5校に滑り込んだ市呉は、中国大会準決勝で米子東を相手に5対6(延長13回)の死闘を繰り広げており、高知商はそれを覆す材料がなかった。地域バランス抜きにしても市呉は妥当だった。

文=落合初春(おちあい・もとはる)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索