やっぱりスゴいぞ奥川恭伸(星稜)! 福島では聖光学院がまさかの2敗!?/高校野球最前線

【高校野球最前線】やっぱりスゴいぞ奥川恭伸(星稜)! 福島では聖光学院がまさかの2敗!?
 高校野球のホットな情報をお伝えする連載企画『高校野球最前線』。今回はドラ1候補・奥川恭伸(星稜)の最新情報からピックアップしたい。

◎久々の公式戦登板でも変わらず150キロ!

 今春のセンバツでも最速151キロを記録し、“特注”の実力を見せた奥川恭伸(星稜)。リフレッシュ期間を経て、北信越大会で久々の公式戦登板を果たした。

 結果から言うとキレキレの状態だ。1回戦の砺波工戦でいきなり150キロを記録。スライダー、フォーク、スローカーブの変化球も冴え、どの球でもストライクを取れる状態。6回無失点と完璧に抑え込んだ。

 中2日の決勝では敦賀気比を相手にまたもや150キロを記録。9回1失点の完投勝利を挙げ、しかも8回1死からは5者連続三振を奪い、スタミナもまったく問題ない。夏がさらに楽しみになってきた。

◎常勝・聖光学院がまさかの2敗

 福島県で怒涛の夏12連覇中を誇る聖光学院。しかし、この夏は試練の戦いになりそうだ。まずは春の県北支部決勝戦で福島商に1対6で敗れると、県大会2回戦でも東日本国際大昌平に2対6で敗戦。県内の公式戦連勝が49で途絶えたばかりか、東北大会行きの切符を逃してしまった。

 同じく福島の学法石川には長年、仙台育英を率いた佐々木順一朗監督が就任。日大東北なども地力があり、波乱含みの夏になりそうだ。

◎仙台育英のスーパー1年生・笹倉世凪が東北大会で躍動

 中学軟式BIG4の一角だった笹倉世凪(仙台育英)が絶好調だ。最速147キロを誇るサウスポーで、練習試合では佐々木朗希(大船渡)との先発対決も果たしたスーパールーキーだ。

 東北大会2回戦、秋田中央との一戦では先発マウンドを任されると、3回を無失点に抑え、さらにバットでも2安打4打点の大活躍。“スーパー1年生左腕”一番乗りだ。

文=落合初春(おちあい・もとはる)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索