来季、バレンティンが外国人枠から外れる。ラミレス、ローズら日本人扱いとなった9人の助っ人列伝

大竹耕太郎、高梨雄平ら早稲田大出身左腕は下位指名でも活躍。DeNAの2ケタ投手の翌シーズンは……
 バレンティン(ヤクルト)が8月17日に国内FA権の取得条件を満たし、来季からは外国人枠の制限を受けない選手となった。全盛期ほどではないにせよ、パワフルな打撃はまだまだ魅力十分。守備にやや難があるため、オフには、DHがあるパ・リーグ球団が興味を示す可能性が高そうだ。

 現在のNPBルールでは、1軍登録できる外国人選手は4名までで、しかも野手だけで4名、または投手だけで4名というパターンはNG。枠を最大限活用するなら、野手3人&投手1人、野手2人&投手2人、野手1人&投手3人という3パターンの構成しか認められていない。

 もちろん、球団によっては外国人枠を目一杯使っていないところもあるが、それでも「外国人なのに日本人扱い」という特典は、バレンティンの魅力のひとつになることは間違いない。

 ちなみに、これまで、日本でキャリアを積み重ねて、外国人枠を外れた助っ人は、バレンティンが10人目。これまでの9人を振り返ってみよう。

◎日本人扱いとなった助っ人野手

 野手、投手を問わず、外国人枠を外れた9選手のなかで、唯一、名球会入りの資格を得たのがベネズエラ出身のラミレス(ヤクルト:2001〜2007年、巨人:2008〜2011年、DeNA:2012〜2013年、現・DeNA監督)だ。NPB通算13年で2017安打、380本塁打を放ち、首位打者1回、本塁打王2回、打点王4回と打撃3部門のタイトルを何度も獲得している(3タイトル同時はなし)。現役引退後はDeNAの監督にも就任し、球団初のクライマックスシリーズにも進出するなど、指導者としても実績を重ねている。

 同じベネズエラ出身ではカブレラ(西武:2001〜2007年、オリックス:2008〜2010年、ソフトバンク:2011〜2012年)も本塁打王1回、打点王1回に輝いている。とくに本塁打王獲得した2002年時は、王貞治(元巨人)、ローズ(元近鉄ほか)の持つ当時の日本記録と並ぶ55本を放っている。また、その前年は49本、翌年は50本とホームランを量産。通算357本塁打で、全盛期のパワーは歴代最強クラスと言っても過言ではない。

 長距離砲という点では、前述したローズ(近鉄:1996〜2003年、巨人:2004〜2005年、オリックス:2007〜2009年)も負けてはいない。打撃3部門のタイトルは本塁打王4回、打点王3回。通算464本塁打は歴代13位で、外国人選手では最多。2005年オフに巨人を戦力外になったあと、米球界に復帰するも打撃が振るわず、一度は現役引退を発表。しかし翌2007年、オリックスに入団し、3年間プレーしている。フォロースルーの大きい豪快なフォームが印象的な強打者だった。

 ホセ・フェルナンデス(ロッテ:2003年、西武:2004〜2005年、楽天:2006〜2008年、オリックス:2009年、西武:2010〜2011年、楽天:2012年、オリックス:2013年)は小刻みに移籍を繰り返し、日本ではトータル11年間の現役生活を送った。打撃3部門のタイトル獲得には至らなかったものの、通算打率は.282で、シーズン20本塁打以上も5回(日本通算206本塁打)。ベストナインには2度選出されている。

◎日本人扱いとなった助っ人投手

 160キロ近い豪速球が持ち味で、「オリエンタル・エクスプレス」の異名をとった台湾出身の郭泰源(西武:1985〜1997年)は、西武の黄金時代の主力投手。日本在籍13年の通算成績は117勝68敗18セーブで、単純計算で1シーズン3〜4個の貯金を作っていることになる。

 同郷の許銘傑(西武:2000〜2011年、オリックス:2012〜2013年)も、301試合に登板し、49勝49敗2セーブ、39ホールドと、長きにわたって日本球界で活躍した。

 セットアッパーとして、日本で4球団に在籍したのがシコースキー(ロッテ:2001〜2003年、巨人:2004〜2005年、ヤクルト:2007年、ロッテ:2008〜2009年、西武:2010〜2011年)。日本での通算成績は438試合37勝34敗58セーブ、54ホールド。来日前の2000年にはレンジャーズで10試合、2006年はパドレスとインディアンスで30試合に登板し、2012年はカナダでも投げたワールドワイドなジャーニーマンでもある。投球前に、マウンドで腕をグルグル回すルーティーンでもおなじみだった。

 スタンリッジ(ソフトバンク:2007〜2008年、阪神:2010〜2013年、ソフトバンク:2014〜2015年、ロッテ:2016〜2017年)は、来日当初の登録名は「スタンドリッジ」。日本では209試合に登板し75勝68敗1ホールド。阪神時代の4年間は、年間防御率2点台後半を3回記録するなど粘り強く投げていたが、打線の援護に恵まれないことが多く、阪神での成績は35勝36敗と負け越している。

 現役選手では、メッセンジャー(阪神:2010年〜)が2018年に国内FA権の資格を満たし、今季からは外国人枠を外れている。タテジマひと筋のメッセンジャーは、来日1年目は中継ぎもこなしていたが、2年目以降は先発ローテーションの一角を担い、昨季までの9年間で2ケタ勝利を7回と非常に安定した成績を残している。2015年以降、5年連続で開幕投手を務めており、首脳陣の信頼も厚い。

文=藤山剣(ふじやま・けん)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索