明治神宮大会で中京大中京が優勝!“神宮枠”の東海地区センバツ3校目は接戦&21世紀枠有力校は?

明治神宮大会で中京大中京が優勝!“神宮枠”の東海地区センバツ3校目は接戦&21世紀枠有力校は?
 高校野球の最前線をお伝えする連載企画『高校野球最前線 秋の陣!』。先週、目についたニュースをお伝えしよう。

◎東海3校目は加藤学園と藤枝明誠の争いか

 11月20日、明治神宮大会決勝が行われ、中京大中京が健大高崎を4対3で下し、秋の日本一に輝いた。

 これにより、センバツでは明治神宮枠が東海地区に1枠与えられる。東海大会優勝の中京大中京、準優勝の県岐阜商は従来の2枠で当確。3校目はどこになるのか、予想してみたい。

 東海大会準決勝で敗れたのは、ともに静岡勢の藤枝明誠と加藤学園だ。東海大会準決勝のスコアは以下の通り。

藤枝明誠 5対12 中京大中京(8回コールド)
加藤学園 3対4x 県岐阜商(延長10回)

 スコアだけを見ると加藤学園が優勢に見える。しかし、静岡県大会決勝では藤枝明誠が5対4のサヨナラで加藤学園を下しており、直接対決の結果では藤枝明誠が一歩リードしている。さらに明治神宮大会で躍動した中京大中京のエース・高橋宏斗から5点を奪ったこと、主に2投手の継投で戦ってきたことも選考においてプラスの要素だ。

 一方、加藤学園となれば“甲子園初出場”のプレミア付き。エース・肥沼竣も上がり目で、投手力では藤枝明誠を上回っているように見える。県大会で甲子園常連校の常葉大菊川を破っているのも見逃せない。

 結論を言うとまったく読めない。サクラサクのはどちらだろうか…。

◎21世紀枠の都府県代表が決定

 北海道を除く46地区のセンバツ21世紀枠の都府県代表が発表された。この後、東北、関東など、エリアごとに1校に絞られ(12月13日発表)、さらに全国で3校が甲子園切符をつかむ。秋の好成績を伴った注目の高校を紹介したい。

磐城(福島)
 福島3位から東北大会8強。台風19号の被害を乗り越え、公立で唯一の東北8強に進出。東北大会では東海大山形、能代松陽を下した。1971年夏には甲子園準優勝を果たした古豪であり、文武両道の伝統校。

近大高専(三重)
 三重県大会優勝。東海大会初戦では加藤学園と延長10回、4対5の接戦を演じた。これまでも鬼屋敷正人(元巨人)を輩出するなど、三重では中堅上位の実力を保ってきたが、ここにきて大躍進。選ばれれば“高専初”だ。

奈良(奈良)
 奈良4位。奈良大会3位決定戦では近畿大会優勝の天理と1対2の大接戦。天理打線が近畿、神宮で大爆発しただけに一際光る結果になった。甲子園出場は1991年春に1度。奈良県では公立最上位の進学校。

平田(島根)
 昨年の21世紀枠では中国地区代表に選ばれたが惜しくも補欠1位。今年は島根県大会準優勝、中国大会8強の実績を引っさげて再選出。地元の幼稚園、保育園や小学生を対象にした「野球体験教室」を実施し、野球普及に力を入れている。

文=落合初春(おちあい・もとはる)


関連記事

おすすめ情報

週刊野球太郎の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る