第162回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、東京・築地の料亭・新喜楽で開かれ、芥川賞は古川 真人 まこと さん(31)の「 背高泡立草 せいたかあわだちそう 」(すばる10月号)に、直木賞は川越宗一さん(41)の「熱源」(文芸春秋)に決まった。副賞100万円。贈呈式は、2月下旬に行われる。

 古川さんは福岡市生まれで、国学院大文学部中退。2016年、「縫わんばならん」で新潮新人賞を受賞してデビュー。4回目の候補で、芥川賞を射止めた。

 受賞作は、長崎の島に残る母の実家の納屋周辺の草刈りに、親族たちと向かう娘の物語。島の風景や方言の会話と共に、島の歴史や人々の記憶などが振り返られてゆく。島田雅彦選考委員は、「単調な草刈りの合間合間に、時空を超えた形のエピソードが織り込まれている」と評した。

 直木賞の川越さんは、初ノミネートでの受賞。大阪市出身で、龍谷大文学部史学科中退。2018年、「天地に さん たり」で松本清張賞を受賞し、デビューした。

 受賞作「熱源」が2作目で、主な舞台は、19世紀後半から20世紀前半の樺太。樺太出身で南極探検にも参加したアイヌのヤヨマネクフと樺太に流刑となったポーランド人のピウスツキという実在の2人を中心に、日本やロシアの同化政策に 翻弄 ほんろう されながらも生きる道を探した人々を描く。浅田次郎選考委員は、「近年まれに見る大きなスケールで小説世界を築いた。史料に負けず、 咀嚼 そしゃく して再生産している。志の高さがうかがえた」と評した。

 「草が生い茂り、島が元に戻る。時間の層が埋められる感じを、人物の会話と共に書けないかと思った」。芥川賞の古川さんは受賞作についてこう語る。

 小説の着想を得た九州の島には母方の家があり、子ども時代からしばしば訪ねた。デビュー以来、その情景から想像を膨らませ、執筆してきた。節目のつもりの今作は島の歴史にも目を向けた。鯨漁で栄えた江戸時代、社会の不穏な雰囲気に住民が巻き込まれた昭和時代……。作品のスケールを広げて受賞に至った。

 学校の勉強は苦手。高校時代に図書室司書の先生が指導する文芸サークルで、読書や小説執筆を始めた。大学では近代日本文学を学んだが中退。就職はせずに作家となった。愛読書は、ロシアの文豪、トルストイの長編「戦争と平和」だ。

 受賞記者会見には着慣れないスーツにネクタイ姿で登場した。「俺はどうなっちゃうんだろう」と戸惑った表情を見せながら、「島のことを繰り返し書くと手癖がつく。不慣れなものを書くことにしたい」と決意を新たにした。