栃木県那須町の河川敷で東京都内の夫婦の遺体が見つかった事件で、警視庁は21日にも、死体損壊容疑で逮捕した韓国籍で神奈川県大和市中央、無職姜光紀カングァンギ(20)、元俳優で住所・職業不詳の若山耀人きらと(20)両容疑者を殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。殺害現場とされる空き家の車庫からは高圧洗浄機が押収され、警視庁は実行役だった2人が血痕などを洗い流そうとしたとみて調べている。

 捜査関係者によると、2人は4月15日夜〜16日未明、東京都品川区東五反田の空き家1階の車庫で千代田区外神田、飲食店経営宝島龍太郎さん(55)と妻幸子さん(56)の首を絞めるなどして殺害した疑いがある。

 空き家の車庫の壁や天井には、細かく飛散した血液が付着しており、鑑定の結果、幸子さんのDNA型と一致した。車庫からは高圧洗浄機や、血が付いた雑巾が押収されたという。

 2人は仲介役の平山綾拳りょうけん容疑者(25)(殺人容疑で再逮捕)の知人で、防犯カメラの解析で、事件前の15日夜、平山容疑者名義の車で現場の空き家に向かったことが確認されている。事件後に押収された車内からは、凶器とみられる電気コードや、幸子さんの血が付いたハンマーが見つかった。

 警視庁は、2人が夫婦の首を電気コードで絞めたり、幸子さんをハンマーで殴ったりして殺害した上、高圧洗浄機などで事件の痕跡を隠そうとしたとみている。

 事件後、2人は平山容疑者から500万円の報酬を受け取り、逃走していたが、今月1日に逮捕された。警視庁は、宝島さん夫婦の長女と内縁関係にある会社役員関根誠端せいは容疑者(32)が事件を主導し、指示役を通じて実行役などを集めたとみて捜査している。