国枝慎吾と上地結衣が優勝、東京パラ出場権獲得

国枝慎吾と上地結衣が優勝、東京パラ出場権獲得

 【ジャカルタ=清水暢和】障害者スポーツの国際総合大会、アジアパラ大会は12日、ジャカルタで車いすテニスの男女シングルス決勝が行われ、男子の国枝慎吾選手(34)(ユニクロ)、女子の 上地 かみじ 結衣 ゆい 選手(24)(エイベックス)がともに優勝し、規定により2020年東京パラリンピックの出場権を得た。

 日本オリンピック委員会、日本パラリンピック委員会によると、20年東京大会の個人種目での日本選手の出場権獲得は、五輪を含めて初めて。

 08年北京大会、12年ロンドン大会の男子シングルスを連覇した国枝選手は5大会連続、16年リオデジャネイロ大会女子シングルス銅メダルの上地選手は3回目のパラリンピックとなる。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

読売新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索