ロシアの独立系英字紙「モスクワ・タイムズ」などによると、プーチン露大統領は17日、自身のいとこの娘、アンナ・ツィビリョワ氏を国防次官に任命した。国防省の次官人事に関する大統領令に署名した。ツィビリョワ氏はこれまでウクライナ侵略に従軍する兵士を支援する財団で活動しており、異例の抜てきだ。

 ツィビリョワ氏は、国防省で兵士に対する社会支援や住宅支援の組織化を担当するという。夫セルゲイ・ツィビレフ氏も、西シベリア・ケメロボ州知事から、今年5月にエネルギー相に就任した。夫婦で政権の要職を務めることになる。

 国防省では、次官らが相次いで汚職で摘発され、国防相はセルゲイ・ショイグ氏からアンドレイ・ベロウソフ氏に交代した。プーチン氏は5月の通算5期目の就任前後から、ショイグ氏側近だった次官らを解任するなど人事の刷新に取り組んでいる。