【ソウル聯合ニュース】韓国人気グループのBTS(防弾少年団)が6日(現地時間)、米国のテレビ・音楽・映画賞「ピープルズ・チョイス・アワード」で「今年のグループ」に選ばれた。同賞の受賞は3年連続。BTSは「今年のコンサートツアー」も受賞した。

 また、BTSメンバーのJUNG KOOK(ジョングク)が、米シンガーソングライターのチャーリー・プースとコラボレーションした曲「Left and Right」で「今年のコラボレーションソング」を受賞した。

 BTSは先月、米3大音楽賞の一つの「アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)」でも「フェイバリット・ポップ・デュオ・オア・グループ」と「フェイバリット・K―POPアーティスト」の2部門を受賞した。メンバーのJIN(ジン)をはじめ、順に兵役の義務を果たす予定で、近ごろソロ活動が目立つ中でも、海外の音楽賞を相次ぎ受賞してワールドスターとしての存在感を放っている。