LG「折り畳みスマホは時期尚早」 デュアルディスプレーで5G対応へ

LG「折り畳みスマホは時期尚早」 デュアルディスプレーで5G対応へ

【ソウル聯合ニュース】韓国のLG電子がスマートフォン(スマホ)のフォームファクタの変化は時期尚早と判断し、デュアルディスプレーで第5世代移動通信システム(5G)市場に対応する方針を示した。

 同社モバイル・コミュニケーションズ(MC)、ホーム・エンターテインメント(HE)事業本部長の権峰ソク(クォン・ボンソク)社長は15日にソウルで開いた記者懇談会で「5G対応スマホの発売に向け、折り畳み(フォルダブル)式スマホの発売を検討したが見送ることにした。デュアルディスプレーで5Gを十分体験してもらえうようにする」と述べた。

 同社はスペイン・バルセロナで25日(現地時間)に開幕する世界最大級のモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で、フラッグシップスマホ「G8 ThinQ」、5G対応スマホ「V50 ThinQ」、V50 ThinQに付け外しできるデュアルディスプレーを展示する予定だ。

 デュアルディスプレーはフリップカバー型で、動画やゲームを利用するときに大きな画面で見ることができ、複数のアプリケーションを同時使うことができると予想される。デュアルディスプレーはV50 ThinQに適用後、ほかのスマホにも拡大される見通しだ。

 権氏は、1月に米ラスベガスで開催された世界最大の家電・技術見本市「CES」でローラブル(巻き取り)テレビを披露したほど技術的にはフォルダブル、ローラブルの準備は整っていると何度も強調。その上で、折り畳み式スマホについて「事業は現実的に行うべきだ。新たなフォームファクタを求めるユーザー経験が準備されてないため(発売は)時期尚早だと判断している」と述べた。

 権氏は「5GはLG電子の長所を活用できる市場のチャンス」としながら「速度・防熱・バッテリーなどに集中し最も安全で完成度の高いスマホを発売する」と自信を見せた。

 また、「米国、韓国、日本が戦略的に最も重要度が高い市場で、5Gの初期市場に集中しなければならない。現地メーカーとの競争を考慮した場合、中国では特別な価格帯、5G対応スマホを中心に選別的に対応する」と説明した。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索