麻薬使用容疑 現代グループ創業者の孫拘束=韓国

麻薬使用容疑 現代グループ創業者の孫拘束=韓国

【仁川聯合ニュース】現代グループの創業者で韓国の経済発展に大きく貢献した故鄭周永(チョン・ジュヨン)氏の孫にあたる20代の男が合成麻薬を使用した疑いで拘束された。韓国の仁川地方警察庁が21日、発表した。

 同庁の麻薬捜査隊によると、海外から帰国した男の身柄を、この日仁川国際空港で拘束した。

 男は昨年、過去に海外で経験した合成麻薬をソウル市内の自宅で3回にわたり使用した疑いがもたれている。

 韓国では大手財閥、SKグループの創業者の孫も薬物を使用した疑いで逮捕・起訴されている。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索