韓国代表団 米国のイラン原油全面禁輸発表受け訪米へ=例外認定要請

韓国代表団 米国のイラン原油全面禁輸発表受け訪米へ=例外認定要請

【ソウル聯合ニュース】米国の対イラン制裁の例外として韓国のイラン産原油輸入を認める措置の期限が約10日後に迫る中、韓国政府代表団が米国を訪問して同問題に関する協議を行う。外交部当局者が23日、記者団に対し明らかにした。

 外交部の尹ガン鉉(ユン・ガンヒョン)経済外交調整官を首席代表とする政府代表団が米ワシントンを訪問し、米国務省の発表の背景などについて具体的に把握するという。

 ポンペオ米国務長官は22日(現地時間)、イラン産原油の禁輸から韓国など8カ国・地域を除外した猶予措置を撤廃し、延長しないと発表した。

 政府代表団は米国務省でエネルギー政策などを担当するファノン次官補やフック・イラン担当特別代表などと面談し、韓国の立場と特殊な状況について説明し、例外措置の延長を要請するものとみられる。

 これまで韓国側はイランから輸入するのは米国の対イラン制裁の中心である原油ではなく、軽質原油「コンデンセート」であり、イランと取引する企業の多くが中小企業である点を強調してきた。

 米国はイラン核合意から離脱し、昨年11月に自国のイランへの制裁を復活させたが、韓国など8カ国・地域に対してはイラン産原油の輸入を180日間容認した。延長されなければ、5月2日(現地時間)に期限を迎える。

 外交部当局者は米国務省の発表後、「政府はこれまで各レベルで例外措置の延長のために米国側と協議してきており、今後も期限までわれわれの立場を(米国の決定に)反映させるために最善の努力を続ける」との立場を明らかにした。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索