北朝鮮特別機 ウラジオストクに向け出発

北朝鮮特別機 ウラジオストクに向け出発

 【延吉聯合ニュース】北朝鮮・高麗航空の特別機1機が23日夜、平壌を出発し、ロシア極東ウラジオストクに向かった。

 航空機追跡アプリ「フライトレーダー24」によると、特別機の便名は高麗航空JS671で、同日午後10時ごろ平壌を出発した。平壌発ウラジオストク行きの定期便は毎週月、金曜に運航されるため、特別機は25日に開かれるロ朝首脳会談のために準備されたものとみられる。

 平壌―ウラジオストク線の所要時間を考慮すると、特別機は現地時間の24日午前1時30分ごろに到着すると予想される。

 外交上の慣例では一般的に首脳が深夜に訪問国に到着することがない上、ロシアメディアは北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の特別列車が24日午後にウラジオストクに到着する予定だと報じており、金委員長が特別機でロシア入りする可能性は高くないとみられる。

 特別機は金委員長が国内の視察で移動するときに使われたことがある。今月16日に平壌―北京線の臨時便としても投入された。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索