韓米首脳の会話内容を不正入手か 検察が野党議員の捜査開始=韓国

韓米首脳の会話内容を不正入手か 検察が野党議員の捜査開始=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国最大野党「自由韓国党」の姜孝祥(カン・ヒョサン)国会議員が高校の後輩にあたる在米韓国大使館の外交官を通じて韓米首脳による電話会談の内容を入手し、公開したとされる問題について、ソウル中央地検は27日までに捜査に乗り出した。

 姜氏は9日に行った記者会見で、7日に韓米首脳が行った電話会談で文在寅(ムン・ジェイン)大統領がトランプ米大統領に5月下旬の訪日後に訪韓するよう要請したと明らかにした。これを受けて青瓦台(大統領府)と外交部が合同監察を実施した結果、姜氏の高校の後輩である外交官が会談の内容を伝えていたことが分かった。

 与党「共に民主党」は24日に姜氏を外交上の機密漏えいの疑いで検察に告発した。韓国の刑法では、外交上の機密を漏えい、また漏えいする目的で機密を探ったり、収集したりした者には5年以下の懲役または1000万ウォン(約92万円)以下の罰金が科される。

 外交部は27日、韓米首脳の会話内容を漏らしたとされる外交官の懲戒処分を決める委員会を開く。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索