輸入ビールの売れ行きに変化 日本産低下し中国産が上昇=韓国コンビニ

輸入ビールの売れ行きに変化 日本産低下し中国産が上昇=韓国コンビニ

 【ソウル聯合ニュース】韓国のコンビニエンスストアの人気商品、輸入ビールに対する消費者の好みが変化している。

 韓国のコンビニ大手「CU」が20日に公表した直近5年間の輸入ビールの売り上げ分析によると、2014年には「アサヒ」をはじめとする日本ビールの売り上げが輸入ビール全体の38.1%を占めていたが、今年1〜5月はその比率が27.5%に低下した。日本ビールは輸入ビールの国別売り上げ順位では依然1位を守っているものの、その座が揺らいでいる。

 一方、「青島」をはじめとする中国ビールは、14年時点では輸入ビールの売り上げに占める比率が4.9%にとどまっていたが、今年は10.2%と2倍以上に拡大し、売り上げ順位で3位に浮上した。

 日本ビールに次いで2位をキープしていたオランダビールは同期間に売上比率が10.3%から9.8%に低下し、4位に後退。これまで4位だったベルギービールが9.9%から14.0%に躍進し、2位に入った。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索