米偵察機 朝鮮半島上空を飛行=習主席訪朝控え

米偵察機 朝鮮半島上空を飛行=習主席訪朝控え

 【ソウル聯合ニュース】米国が中国の習近平国家主席の訪朝を控えた時期に、朝鮮半島上空に偵察機を飛行させたことが20日、分かった。北朝鮮の核・ミサイル施設など、通常の軍事動向情報を収集する意図とみられるが、貿易問題などで対立している中国をけん制する狙いがあるとの見方もある。

 民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米軍の偵察機RC135W1機が19日、韓国のソウルや仁川などの上空を飛行した。同機は11日も同じ地域を飛行している。

 RC135Wは米空軍主力の通信傍受用偵察機で、北朝鮮にミサイル発射の動きがある際などに飛ばしている。

 軍事専門家は「偵察機の飛行タイミングが注目される」として、「通常の偵察飛行とみられるが、習主席の訪朝を念頭に置いた措置かもしれない」と述べた。

 習主席は20〜21日、北朝鮮を公式訪問する。中国の最高指導者の訪朝は14年ぶりとなる。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索