今年の韓国は「台風銀座」 6個目接近なら43年ぶり

今年の韓国は「台風銀座」 6個目接近なら43年ぶり

【ソウル聯合ニュース】17日にフィリピン東の海上で発生した熱帯低気圧が、18日午後6時半現在、沖縄南の海上を北上している。韓国気象庁によると、同熱帯低気圧がこの日夜から19日にかけて台風に発達し、韓国に接近するとみられる。

 気象庁は、朝鮮半島に上陸するかなど予想進路ははっきりしないものの、九州や大韓海峡(朝鮮半島と九州の間の海峡)を通過すれば、韓国が影響を受けると予想した。熱帯低気圧が台風に発達して接近すれば、今年、韓国に影響を及ぼす6個目の台風となる。

 今年に入ってこれまでに発生した台風は計16個で、このうち5個の台風が直接・間接的に韓国に影響を及ぼした。

 1951年以降、韓国が台風の影響を最も受けた年は1959年で、計7個の台風が朝鮮半島に上陸または接近した。1976年には6個の台風の影響を受け、5個の台風を受けた年は10回ある。 

 今回の熱帯低気圧が台風に発達し、韓国に接近すれば、76年以来、6個の台風の影響を受けた年となる。

 気象庁は「今年、多くの台風がわが国に接近した原因については今後分析が必要だ」と話した。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索