韓日首脳会談 「まだ道のりは遠い」=韓国外相

韓日首脳会談 「まだ道のりは遠い」=韓国外相

 【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は21日、国会の国政監査で、日本との首脳会談の見通しについて、「首脳レベルの会合が可能になるためには日本の前向きな態度や(会談の)成果が担保されることが必要だ。まだ道のりは遠い」としながら、「ただ、韓国政府は首脳レベルの対話を含め、常に日本との対話にオープンな姿勢を取っている」と強調した。

 また、「外交当局間で複数の協議をしたが、懸案を巡る立場の隔たりが大きい」として、「その隔たりを縮めるため、努力が必要な状況」と説明した。

 李洛淵(イ・ナクヨン)首相が、天皇が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に合わせて22〜24日に訪日し、安倍晋三首相に伝達するとみられる文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書の内容については「確認できない」と述べ、具体的な言及を避けた。

 10分程度になる予定の李首相と安倍首相の面会時間に関しては「まだ調整中」とし、時間が少し延びる可能性もあることを示唆した。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る