文大統領「日本との軍事情報共有は困難」 GSOMIAに関し米国防長官に

文大統領「日本との軍事情報共有は困難」 GSOMIAに関し米国防長官に

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、青瓦台(大統領府)でエスパー米国防長官と会談し、失効期限が迫っている韓国と日本の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)と関連し、安全保障上信頼できないという理由で対韓輸出規制を強化した日本と軍事情報を共有するのは難しいとの立場を改めて伝えた上で、韓米日間の安保協力は重要で持続的な努力を傾けるとの意向を示した。青瓦台の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官が会見で伝えた。

 文大統領の発言は、日本が対韓輸出規制強化を撤回すればGSOMIAの終了決定を再検討することができるとする韓国政府のこれまでの立場を改めて示したもので、現在の韓日間協議の状況を勘案すれば、GSOMIAはこのまま失効する可能性が非常に高いとみられる。

 韓日両国が歩み寄る姿勢を見せない場合、韓日GSOMIAは23日午前0時に失効する。

 エスパー氏は文大統領の発言に理解を示した上で、「GSOMIAに関連した問題についてよく理解している」とし、「この懸案が円満に解決されるよう日本側にも努力を要請する」と述べた。

 また文大統領は今年の韓米合同空中訓練に関して、米国が規模を縮小できるとの立場を示したことを前向きに評価した。文大統領とエスパー氏は合同空中訓練に対する北朝鮮の反応などについても意見交換した。

 文大統領は「わずか2年前、朝鮮半島情勢は非常に不安定だったが、今は対話を通じて新しい局面作った」と評価。エスパー氏はこれに強く同意し、「トランプ大統領だけでなく文大統領のリーダーシップのおかげで今、平和の道を歩いている」と述べた。

 文大統領とエスパー氏は朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和体制構築に向けて、今までと同様の緊密な意思疎通により共通の目標を実現することで一致した。

 会談は午後4時から約50分間行われた。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る