GSOMIA「最後まで終了回避へ努力」 米朝首脳会談開催に期待も=文大統領

GSOMIA「最後まで終了回避へ努力」 米朝首脳会談開催に期待も=文大統領

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日夜に行った「国民との対話」で、23日0時に失効期限を迎える日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「最後の瞬間までGSOMIAが終了する事態を回避できるなら、日本と努力していく」と述べた。

 韓国は日本が7月に断行した対韓輸出規制強化措置により、両国の安全保障上の信頼関係が損なわれたとして、8月にGSOMIAの終了を決定した。日本はGSOMIAの維持を求めているが、韓国は輸出規制強化措置の撤回が必要との立場を崩していない。

 文大統領はGSOMIAの終了を決定した原因は日本側が提供したとの従来の立場を改めて強調。「日本は韓国の防波堤の役割により、安保を維持している」として、「国内総生産(GDP)に占める韓国の国防費の割合は2.5%に近い一方、日本は1%にならないのは(韓国が)日本の安保に貢献しているということ」との認識を示した。

 ただ、「最大限、日本との安保上で協力したい」として、「GSOMIAが終了しても日本と安保上の協力はしていく」と表明した。

 その上で、「日本はGSOMIAの終了を望まないなら、輸出規制問題などが解決するよう、韓国と努力していかなければならない」と述べた。

 北朝鮮問題に関しては、「朝米(米朝)が公言した通り、年内に実務交渉を経て首脳会談を開催しようとする努力が行われている」と説明。「3回目の(米朝)首脳会談が行われれば必ず成果があると思う」とし、「そうなれば、南北関係も(改善の)余地が生まれる」と期待を寄せた。

 娘の不正入学や家族ぐるみの不透明な投資など多数の疑惑が持たれている側近のチョ国(チョ・グク)前法務部長官を巡る一連の事態については、「結果的に多くの国民を対立させ、分裂させたことを改めて謝罪する」と述べた。また、「だが、検察改革は必ず必要」として、検察の権限を縮小するなどの検察改革を引き続き進める考えを示した。

 住宅価格が高騰している問題に関しては、「より強力な方策を講じ、必ず安定化させる」と言明。歴代政権では建設市場を景気浮揚の手段として活用してきたとして、「いかなる困難があっても不動産を景気浮揚の手段にしない」と強調した。

 また、非正規労働者から質問を受け、「正規雇用に最大限転換し、非正規雇用を減らしていくことが大きな課題の一つ」と表明。最低賃金の引き上げについては、「韓国社会は二極化が激しく、このままではいけない」として、「包容的な成長のためには必ず行かねばならない道」と述べた。

 文大統領の5年任期の折り返しに合わせて開いた国民との対話はMBCテレビで生放送された。応募者の中からMBCが選定した国民300人が参加した。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る