韓国与野党の幹部が訪米へ 在韓米軍の駐留経費問題巡り議員外交

韓国与野党の幹部が訪米へ 在韓米軍の駐留経費問題巡り議員外交

 【ソウル聯合ニュース】韓国の与野党3党の院内代表が20日、5日間の日程で米国を訪問し、在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める交渉の解決策を模索するための超党派の議員外交を行う。

 与党「共に民主党」の李仁栄(イ・インヨン)院内代表、最大野党「自由韓国党」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表、野党第2党「正しい未来党」の呉晨煥(オ・シンファン)院内代表はこの日午前に出国し、ワシントンで米議会や米政府の関係者と面談し、同問題の対する韓国の立場を伝える予定だ。

 ビーガン北朝鮮担当特別代表との面談も予定されている。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る