GSOMIA 日本の変化なければ23日終了=韓国外相

GSOMIA 日本の変化なければ23日終了=韓国外相

 【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は21日の国会外交統一委員会で、23日午前0時に失効する日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「日本の態度に変化がない限り終了する」と答弁した。

 GSOMIAの終了を一定期間、先延ばしする必要があるとの指摘には「日本の(対韓)輸出規制は不当で報復的であり、信頼を損ねる措置だった」として、「日本の変化がなければ決定を変える状況ではないと思う」と述べた。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る