韓国観光公社が日本人モデル2人と契約 観光地紹介動画など出演

韓国観光公社が日本人モデル2人と契約 観光地紹介動画など出演

【東京聯合ニュース】日本のモデル、石坂友里と吉田沙世が韓国観光を広報するためのイメージモデルとして、韓国観光公社と今年9月から1年間の契約を結んだ。同公社が21日明らかにした。

 韓国観光公社は米倉涼子や木村佳乃など、日本の女優を観光親善大使などに任命したことはあるが、親善大使の活動は無報酬で、有償のイメージモデル契約に日本人を起用したのは今回が初めて。

 石坂友里と吉田沙世は韓国の写真映えする場所、昔の雰囲気を満喫できる場所、おいしい食べ物などを紹介するユーチューブ動画に出演した。またファッションとリフレッシュをテーマに韓国を紹介する広報映像にも出演した。

 これら映像はユーチューブ(https://www.youtube.com/playlist?list=PL4Lb93R1nd7fNVXIX30euT35X−l3YOOES)に公開されている。

 韓国観光公社はこれらの映像がSNS(交流サイト)を通じて共有され、多くの日本人が韓国を訪れることを期待するとコメントした。

 韓国観光公社の安栄培(アン・ヨンベ)社長はこの日東京で開かれた韓国観光ブランド広告発表会で、今年韓国を訪問する日本人客の規模について、「320万人程度を超えるのではないかと期待している」と話した。同公社によると、昨年に韓国を訪問した日本人客は約295万人という。

 韓国観光公社は東京支社開設50周年を機にこの日東京で記念行事を開き、両国の旅行業界関係者が参加した。


関連記事

聯合ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る