【ソウル聯合ニュース】韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は6日、中曽根康弘元首相の死去を受け、「韓国の国会と国民を代表し、心から深い哀悼の意を伝える」とする弔電を長男の中曽根弘文参院議員に送った。

 文氏は「中曽根元首相は日本の首相として初めて韓国を訪問するなど、韓日関係のため格別の努力をしたことをわが国民は良く知っている」として、「韓日関係の増進のための首相の洞察力に基づいた意志と努力は厳しくなっている両国関係を解きほぐし、未来志向に進むべく課題を抱えているわれわれに大きなインスピレーションを与えている」と強調。「最近、両国は関係をこのままにしてはいけないという共通認識を持ち、対話を続けている」とし、「こうした努力を通じ、韓日関係が未来志向で早期に回復することを望む」と述べた。