【ソウル聯合ニュース】韓国の公式記念日「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」の14日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は中部・忠清南道天安市の国立墓地「望郷の丘」で開かれた記念式典に映像メッセージを寄せ、「問題解決の最も重要な原則は被害者中心主義」として、「政府は(被害者の)おばあさんたちが『もう十分』と言うまで、受け入れられる解決策を探る」と述べた。

 また、「おばあさんたちは歴史の生き証人として、女性の人権と平和の価値を実践してきた」とし、「被害者(の立場)を超え、人権運動家として社会に新しい価値を植え付けるおばあさんたちの人生を深く尊敬する」と表明。「おばあさんたちの勇気と献身が尊厳と名誉を回復することで報われるよう、実現可能な方策を講じるため最善を尽くす」と強調した。

 その上で、「おばあさんたちは慰安婦問題の解決のための新しい方向を提示した。韓日両国の未来世代が平和と人権に向けて進むべき道筋をつくらなければならないと話した」とし、「残酷な痛みを人生の知恵に昇華させたおばあさんたちの言葉を胸に深く刻みたい」と述べた。