【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」などの国会議員63人は公式記念日の「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」を迎えた14日、日本政府に慰安婦被害者を含む戦争犯罪被害者に対する損害賠償を求める決議案を発議した。

 

 決議案は、慰安婦被害者による損害賠償請求に対して「ある国の裁判所が他の国を訴訟の当事者として裁判を行うことはできない」とする日本政府の主権免除の論理を批判し、被害者に対する謝罪と賠償を要求した。

 発議には南仁順(ナム・インスン)氏、姜勲植(カン・フンシク)氏、尹美香(ユン・ミヒャン)氏ら共に民主党の議員62人と、革新系野党「開かれた民主党」の崔康旭(チェ・ガンウク)氏が参加した。