◇コロナ感染者急増 3月以来となる1日500人超

韓国の中央防疫対策本部は26日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から583人増え、累計3万2318人になったと発表した。市中感染が553人、海外からの入国者の感染が30人だった。1日当たりの新規感染者数が500人を超えるのは新興宗教団体「新天地イエス教会」の信者らを中心に大邱市などで集団感染が発生し、1回目の流行がピークに達した3月初旬以来となる。

◇世界のコロナ累計感染者数 11カ月で6千万人超

 国際統計サイトのワールドオーメーターは24日(グリニッジ標準時)、世界の新型コロナウイルス感染者数が累計6000万人を超えたと集計した。同日午後11時(日本時間25日午前8時)現在の感染者数は6005万3346人。昨年12月31日に世界保健機関(WHO)に初めて新型コロナウイルス感染者の発生が報告されてから11カ月で、感染者数の累計は韓国の全人口よりも約1000万人多い6000万人以上となった。

◇中国外相 康外相と会談・文大統領と面会へ

 康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は26日午前、1年ぶりに訪韓した中国の王毅国務委員兼外相と韓中外相会談を行う。米国の政権交代という敏感な時期に訪韓した王氏が米中対立、習近平国家主席の訪韓、朝鮮半島情勢などの主な懸案に対してどのようなメッセージを発信するか注目される。また、王氏は午後には文在寅(ムン・ジェイン)大統領を表敬訪問する。この場で習氏からのメッセージを伝えるかにも関心が集まっている。

◇大学入試まで1週間 受験生の防疫対策点検進む

 12月3日に行われる大学修学能力試験(日本の大学入学共通テストに相当)まで残り1週間となり、教育当局は新型コロナウイルスの感染拡大防止と試験会場の防疫体制の最終点検を進めている。全国で最も受験生が多い京畿道地域では、教育当局が試験会場と試験監督の数を増やして社会的距離の確保と防疫活動に注力している。