【ソウル聯合ニュース】韓国で開発された地球観測用の次世代中型衛星1号が22日、韓国航空宇宙研究院(中部・大田市)を出発し、24日(現地時間)に中央アジア・カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地に到着する。3月20日午後0時7分(日本時間午後5時7分)ごろ、同基地から打ち上げられる。韓国科学技術情報通信部と国土交通部が22日、発表した。

 次世代中型衛星1号は重量500キロ。国土・資源管理や災害対応などを目的に地上の精密な観測映像を提供する。

 ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのソユーズ2.1aロケットで打ち上げられる予定だ。高度497.8キロの軌道上で通信点検など約2カ月間の初期運用を経て、6月以降、本格的に観測映像を送ることになる。

 次世代中型衛星1号は、韓国の「汎用衛星プラットフォーム」構築に向けた「次世代中型衛星開発事業」の初号機。韓国航空宇宙研究院が1号機開発事業を通じて確保した中型衛星のシステムと標準型本体(プラットフォーム)の技術を、韓国航空宇宙産業(KAI)をはじめとする国内企業に移転した。

 次世代中型衛星2号は2022年初めに打ち上げ予定。続いて5号機まで開発が進められる。