【ソウル聯合ニュース】韓国前大統領らへの贈賄罪に問われ、差し戻し控訴審で実刑判決を言い渡されたサムスングループの経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が25日、判決を受け入れると表明した。

 李氏の弁護人は「判決を謙虚に受け入れ、再上告しないことにした」と発表した。特別検察官側がこの日のうちに再上告しなければ、李氏の判決はこのまま確定する。

 ソウル高裁は18日、前大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏らへの贈賄罪などを有罪として李氏に懲役2年6か月の実刑判決を言い渡し、李氏を法廷で拘束した。