【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2日の閣議で、新型コロナウイルスのワクチンについて、「どのようなワクチンであれ、ワクチンの安全性を政府が約束し、責任を取る」として、「政界とメディアも国民の不安をあおる偽ニュースを警戒しながら安定的なワクチン接種のため積極的に協力してほしい」と呼び掛けた。

 韓国では先月26日にワクチン接種が始まった。

 文大統領は「接種が順調に進められ、日常の回復に向けた長い道のりの第一歩を踏み出した」とし、「スタートにすぎない。政府はあらゆる可能性に備え、11月の集団免疫(獲得)を滞りなく実現していく」と強調。「国民が政府を信じ、積極的にワクチン接種に参加すれば、韓国は(韓国式の新型コロナ対策)『K防疫』に続き、ワクチン接種と集団免疫でも模範国になれる」と述べた。

 その上で、集団免疫という終着点にたどり着く前までは緊張を緩めてはならないとして、「ワクチンと防疫の二兎を追うため、最善を尽くす」と述べた。

 一方、新型コロナウイルス流行の長期化による国民生活と雇用の悪化を解消するため、19兆5000億ウォン(約1兆8600億円)の4度目の支援金を支給する方針に関し、「4度の支援金のうち最も大きな規模で、手厚く幅広く被害者を支援し、死角地帯を最小化することに気を使った」と説明。「コロナによる深刻な国民生活と雇用の危機を解決することが政府と国会の喫緊課題」とし、支援金の早期支給に向けた国会の協力を要請した。