【ソウル聯合ニュース】世界輸出でシェア1位を誇る韓国製品が、69種類(2019年時点)に達することが分かった。輸出シェア世界一の品目数の順位は前年より2ランク上昇の11位となり、調査を始めた2002年以降で最高となった。

 韓国貿易協会の国際貿易通商研究院が7日に発表した報告書で明らかにした。韓国が輸出シェアで世界一の製品は前年より7種増加。新たに1位になった製品が16種で、1位から転落した製品は9種。

 1位は化合物製品類(27種)が最も多く、鉄鋼・非鉄金属類(18種)との2品目で全体の65.2%を占めた。

 新たに1位になった製品を見ると、半導体フラッシュメモリーを利用した内蔵記憶装置のソリッドステートドライブ(SSD)など輸出額が大きいものが目立つ。SSDは19年の輸出額が47億1000万ドル(約5100億円)だったが、20年は初めて100億ドルを超え、韓国の次世代の輸出をけん引する存在になっている。

 19年に輸出シェア世界一の製品が最も多かった国は中国(1759種)で、5年連続のトップ。ドイツ(654種)、米国(520種)、イタリア(217種)、日本(156種)と続いた。

 輸出シェア世界一を巡る韓中日の争いも激しく、韓国が1位から転落した製品9種のうち4種で中国がトップに立った。韓国がトップの69種のうち12種で日本が2位につけている。