【ソウル聯合ニュース】日本政府が東京電力福島第1原発の処理済み汚染水を海洋放出する方針を決めたことを受け、韓国政府は13日、「強い遺憾を表し、国民の安全のために必要なすべての措置を取っていく」との立場を明らかにした。

 韓国政府は同日午前、国務調整室の具潤哲(ク・ユンチョル)室長が主宰し、外交部や海洋水産部、原子力安全委員会などの次官が出席する緊急会議を開催。会議後、具氏が記者会見を開き、会議の結果を伝えた。

 具氏は「政府は福島原発汚染水の処理過程全般に関する透明な情報公開と検証を強く求める」と表明。「今回の決定に対する国民の反対を日本政府に明確に伝える」として、「国民の安全と海洋環境の被害防止のための具体的な措置を日本に強く要求する」と述べた。

 また、「国際原子力機関(IAEA)など国際社会に政府の憂慮を伝達し、安全性などに対する国際社会の客観的な検証を要請する」とした上で、「輸入食品の放射能検査や原産地の取り締まりを一層徹底して行う」との方針を示した。