【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日午前、日本、ドミニカ共和国、ラトビアの駐韓大使から信任状を受け取る。青瓦台(大統領府)が発表した。

 日本政府は13日、東京電力福島第1原発の処理済み汚染水を海洋放出する方針を決めており、文大統領が相星孝一・駐韓日本大使に対し、この問題について言及するか注目される。

 韓国政府は同日、日本の決定に対し強い遺憾の意を表明し、外交部は相星氏を呼んで抗議した。