【ソウル聯合ニュース】気候変動問題を担当するケリー米大統領特使は18日、ソウル市内で記者懇談会を開き、日本政府が東京電力福島第1原発の処理済み汚染水を海洋放出する方針を決めたことに関連し、「日本は国際原子力機関(IAEA)と非常に緊密に協力してきた。今後もそうであることを確信する」と述べた。

 日本が韓国に十分に情報提供するよう米国が働きかける可能性を問われると、「すでに進行中で非常に明確な規定と期待値がある手続きに米国が飛び入るのは適切ではない」との考えを示した。

 米国は海洋放出の決定に反対せず、IAEAの検証で問題がなければ介入する意思はないことを示す発言と受け止められる。

 ケリー氏は中国訪問に続いて17日に韓国入りし、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官と会談した。