【ソウル聯合ニュース】韓国女性団体の韓国YWCA連合会は19日、ソウルの日本大使館前で記者会見を開き、日本政府に対し東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水を海洋放出する方針を直ちに撤回するよう求めた。

 同団体は「韓国をはじめとする周辺国が原子力事故の連続的な被害を減らすためのさまざまな方法を提案したにもかかわらず、(日本は)安価で無謀な方法を選択した。放射能汚染水を放流することは日本国民と周辺国を脅かすのはもちろん世代を超えて人類全体を死に追いやる犯罪的行為」と批判した。

 また日本政府が間違った決定を撤回するまで国内だけでなく周辺国、国際社会とともに強力に対応していくとした。