【ソウル聯合ニュース】韓国の国会外交統一委員会は20日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官を出席させて全体会議を開き、日本政府が東京電力福島第1原発の処理済み汚染水を海洋放出する方針を決めたことについて緊急懸案質疑を行う。

 会議では海洋放出決定に対する法的対応、海外の反応など関する質疑が行われるとみられる。

 鄭氏は19日、国会で開かれた対政府質疑で海洋放出について、「国際原子力機関(IAEA)の基準に合う適合な手続きに従うならあえて反対する理由がない」と答弁。この答弁について一部から批判の声が出ている。