【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、7日の補欠選で当選した呉世勲(オ・セフン)ソウル市長、朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)釜山市長と青瓦台(大統領府)で昼食会を行った。青瓦台の高官によると、朴市長が収監中の李明博(イ・ミョンバク)元大統領と朴槿恵(パク・クネ)前大統領の赦免を申し入れたのに対し、文大統領は「国民のコンセンサスを考えざるを得ず、国民の統合に役立つようにしなければならない。(赦免に当たっては)この二つを同時に考慮する必要がある」と述べた。

 「文大統領が赦免を拒否する意向を示したのか」との記者団の問いに、高官は「同意や拒絶を示した発言ではなかったようだ。大統領は赦免権を控えめに行使してきたため、この問題もそうした観点から話したのではないか」と答えた。