【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が22日午後、オンライン形式で開催される米主催の気候変動に関する首脳会議(サミット)に参加する。

 米中の対立が日増しに深まる中、文大統領が米国のバイデン大統領、中国の習近平国家主席と同時に顔を合わせるという点で注目される。

 特に文大統領とバイデン大統領が顔を合わせるのは今回が初めてとなる。

 文大統領はバイデン政権発足から14日後の2月4日にバイデン大統領と初の電話首脳会談を開催。来月下旬にはワシントンを訪問し、初の首脳会談を行う予定だ。

 文大統領は22日午後9時から11時まで行われる第1セッションに出席し、2050年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにする炭素中立(カーボンニュートラル)目標の実現に向けた計画を発表する。

 また韓国が5月に主催するグリーン成長とグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ(P4G)首脳会談への国際社会の参加を呼び掛ける予定だ。