【ソウル聯合ニュース】韓国言論振興財団と世宗研究所日本研究センターは22日、韓国プレスセンター(ソウル市中区)で27日午後2時から「バイデンとコロナ時代の韓日協力策」をテーマとした韓日メディアフォーラムを開催すると発表した。

 フォーラムでは、行き詰まっている韓日関係がバイデン米政権の発足によりどう変わるのかを見通し、メディアの役割を模索する。

 バイデン政権時代の東アジア外交政策と韓日協力、日本政府による東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出決定、韓日間の歴史問題の解決策、新型コロナウイルスへの対応と東京五輪などを巡り討論を交わす予定だ。

 両国のメディア関係者12人が討論者として出席する。日本からの出席者とはオンラインでつなぐ。フォーラムの様子は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の韓国言論振興財団のチャンネル(https://bit.ly/2QiudhR)で同時通訳付きでライブ配信される。