【ソウル聯合ニュース】世界保健機関(WHO)が11日に公表した報告書によると、北朝鮮で先月23〜29日に751人が新型コロナウイルス検査を受けたが、感染者はいなかった。北朝鮮で新型コロナウイルス検査を受けた人は累計2万5986人となったが、感染者は依然報告されていない。

 ただ751人のうち、139人にはインフルエンザのような症状や重い急性呼吸器感染症が見られたという。

 ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」は北朝鮮に199万2000回分のワクチンを割り当てたが、供給が遅れている。